自分の歯で噛むために|歯科医院でインプラント治療を受ける|自然な歯に仕上げよう
歯医者

歯科医院でインプラント治療を受ける|自然な歯に仕上げよう

自分の歯で噛むために

歯

もう入れ歯は必要なし

虫歯や歯周病が原因で、歯を抜かなければならなくなることがあります。歯周病が口内に広がりますと、段々と歯茎が弱って歯が抜け落ちてしまい、そうなりますと入れ歯になり、食べたいものがうまく食べられなくなる不具合も出てくるわけです。そうなった時、松山の歯科医院でインプラントの施術を受けることで、噛むことに対するストレスを減らせます。松山の歯科医院で行うインプラントは、人口の歯根を埋め込むことで自分の歯で噛む感覚とほとんど変わらないというメリットがありますし、インプラントにすれば入れ歯を入れる必要はなくなりますから、入れ歯の管理の煩わしさからも解放されます。現在入れ歯の方は、松山でインプラントにしてみるのもひとつの方法です。

メンテナンスも簡単

インプラントの施術をしますと、気になるのがその後のメンテナンスの問題ですが、1度インプラントにすればほとんど自分の歯と変わりありませんので、通常通り歯磨きを行うだけで十分です。これまで歯と歯の間の隙間があった方も、インプラントを施すことで隙間が改善されますが、気になる場合は市販のデンタルフロスなどで歯垢を取り除く方法もあります。ただ、これまで入れ歯だった方は、入れ歯の洗浄や口臭の心配がありましたが、松山の歯科医院でインプラントにすることによってこのような心配をほぼ解消することができます。特に、食事の際にそのままインプラントの歯で食べることができますから、ストレスもありませんし、メンテナンスは食後に歯磨きをするだけです。